つきたて屋のお届けする玄米のおいしさには、4つの秘密があります

. 店頭精米
        . 田んぼの違い
                 
. 肥料の違い
        . 夏でもおいしい秘密

店頭精米

店頭精米の最大の魅力は鮮度の良さです
精米したてのお米はとても鮮度良くおいしいですが、
時間の経過と共に表面のぬか脂肪酸が酸化していき
どんどんおいしさが失われていきます

ですから少しでも鮮度を保った状態
お食事していただけるようにと玄米工房は考えています

店頭精米
冬場で1ヶ月、夏場では2週間ほどを経過するとお米のおいしさは急激に落ち始めます

お米は玄米の状態では生きています
その証拠に、水をあげてみると発芽します
玄米は水につけると発芽します
(11月の室温で毎日水をやったもの)



田んぼの違い 〜特別栽培と普通栽培の違い〜
田んぼの違い

稲株の太さ・大きさが根本的に違う
少なく植えて健康に育て、農薬も使わない

水面の高さも水を深く張ることにより雑草が生えにくくなり、除草剤がいらない
また浮き草が多く水中への日光を遮り、さらに雑草が生えにくい
田んぼの違い 稲株同士の間隔が広いので、日光が射し込みやすく風通しが良くなり田んぼが蒸れずに病気の発生が抑えられます
当然株数が少なくなり収穫量も減りますが、そのぶんより良いお米を生産できるのです
田んぼの違い
田んぼの違い
普通栽培の田んぼのほうが青々としてよく育っているようですが、これはチッ素肥料を多量に使用しているせいです
ある程度育った稲に与えすぎると収穫量は増えますが、おいしさは落ちてしまいます

特別栽培の田んぼは、肥料の使用量を調節し収穫量よりも
おいしさを優先した生産方法をとっています

農家さんの工夫がこんなところにも見られます

肥料の違い
有機肥料
動物・植物など生命体に由来するものを原料とする肥料
(⇔化学肥料---化学的に合成、加工した肥料)

農薬
農作物を害する雑草・病気・害虫を予防・駆除し、農業の生産性を高めるために用いる薬剤
有機肥料を使い、農薬を減らすと...
土が豊かになる 味がよくなる
環境に負荷をかけない  体にもよい

夏でもおいしい秘密
夏でもおいしい秘密

つきたて屋では1年中お米に最適な環境

【温度15℃、湿度75%】

にて低温保管しています

つきたて屋物流倉庫…埼玉県久喜市/且倉庫内の写真です